コスメデコルテのパウダーをツヤ増しにする使い方

アイキャッチ画像パウダー
スポンサーリンク

ものすごい今更感ですが、大人気なコスメデコルテのフェイスパウダー、世間の皆様が言うように非常に良品である!と改めて思うこの頃。

なぜ突然に、そんな当たり前のことを言い出したのかというと・・

今まで、わたしの使い方がよろしくなかったんです。
間違っていたわけじゃないけど、良さを発揮する使い方をしてなかった。

使い方を改めた途端、あら、これすごくいいじゃない。
と、やっと皆様と同じ景色が見えたということです。

「コスメデコルテのフェイスパウダー人気だから買ったけど〜、思ったより普通じゃない??」と思ったら(以前のわたし)、使い方を見直してみるといいかもしれません。こんな方むけ↓

・思ったよりツヤが出ない。
・フェイスパウダーの良さを生かす使い方を知りたい。
スポンサーリンク

コスメデコルテ フェイスパウダーとは?

コスメデコルテのパウダーは、知名度も人気もトップレベルのフェイスパウダーです。

大手クチコミサイトではベストコスメ受賞し、ランキング順位もトップクラス。初めてのデパコスがこれ!という方も多いんじゃないかな。

現時点(2022.6)、での口コミサイトランキング順位はこのとおり。

アットコスメ パウダー部門、人気ランキング1位/ベストコスメ殿堂入り
LIPS パウダー部門 人気ランキング2位/2021ベストコスメ1位

↑輝かしすぎる功績。

用途はフェイスパウダーなので、ベースメイクの仕上げにはたきます。
ファンデーションのテカリを抑えて、メイク持ちを良くしてくれるアイテム。

色展開はフェイスパウダーにしては多く、8色あります。

パウダーの色展開

引用:https://www.decorte.com/

突き抜けた人気を博しているのが00 トランスルーセント。8色の中で唯一、色味がつかなりクリアなタイプです。
他7色はベージュやピンクなど、色味がついたパウダー。

00 トランスルーセントの特徴

00は色味がないため、肌の色を整えるようなカバー力はありません。
絶対的人気を誇る理由は、

上品な生ツヤ感のある仕上がり。
ですって。

SNSで常に誰かがオススメしており、口コミも生ツヤというパワーワードが飛び交っています。生なツヤって一体なんなんだい??

意外なことに、00にはラメパールが入ってない

ラメがないのにどうしてツヤが出るのやら、不可思議です。ホタルみたいに粉自体が発光してるってこと?

原理はどうあれ、ツヤが出るのにラメなし。それは私的にメリットでしかない。

ラメが目立つのも嫌だし、ラメによって毛穴が目立つのも嫌だ。
そりゃあツヤはほしいけど正直ラメはいらない、でもラメがないと光が生まれない。それが自然の摂理だと思っていましたのに。

ぜひラメなしの生ツヤとやらを、私にもお願いしますー!!と鼻息荒く購入しました。

よくない使い方ってどんなの??

購入してから半年ほど、使っていましたが。私の使い方がイマイチ(間違ってはいないけど)だったのでピンときていませんでした。

どうしてたかというと、
パフにパウダーをとり、顔にぽんぽんつける。

至極ふつう(笑)です。

まるでそれが悪いかのように書いてしまったけど、間違いではないです。

もし皆様の中に同じ使い方の方がいましても「違ってたんだ!どうしよう」と落胆されぬようお願いします。

正直なところ、この時点での感想はこれにつきました。

まあ普通。

全然、悪くない。重ねても粉っぽくならないし、乾燥もしない。パフも使いやすいしコスパも良さそう。

安定したデパコスの粉ってところ。

でも、生ツヤはどこ?って話。

どこを探しても生ツヤが顔を見せてくれません。ちょっと期待しすぎちゃったんだーと思いました。

コスメデコルテ フェイスパウダーの使い方

生ツヤに夢を見過ぎたと反省し、半年ほど経過。

ふとしたきっかけで、公式の動画を見ていてハッとした。

パフをポンポンするのではなく、肌表面にスライドさせて滑らせているんだよな〜。

うーーーん、やはりそっちがいいのか(←知ってた)。

実はこれ、購入時カウンターで教えていただけたんですよ。
でも、ファンデーションがよれてしまいそうで怖くて。滑らせながらつける、というのが出来なかったんですね。

さらに動画を見ていくと、メイク直しに使う場合のシーンでのパフの持ち方。
※上の動画の10:05からを見てみてください!

パフの持ち方

こんな感じで↑
パフをつまんでるんですーーーー!これ!すっごく重要事項だと思った!

試しにこの持ち方で↑優しーく滑らせつつ、磨くように付けてみたところ。

生ツヤがきた。我が家にもついに生ツヤが〜〜!

持ち方一つで大袈裟な、と思われるかもしれません。が、わたしとしては目からうろこ案件でした。

後ろのバンドに人差し指と中指を通して使うと、力を入れてないつもりでも無意識に肌への圧がかかっていたのかも。動画のようにつまむと、圧がかかったとしてもパフがペコっと折れるだけなので、力もかからず、ファンデーションもよれにくいっぽいぞ。

他のフェイスパウダーをつける際にも応用が効きそうです!

その後、試行錯誤して自分的ベストな使い方がこうなりました。

  1. パフにパウダーをつけてもみもみする。
  2. パフの端をつまんでもち、顔全体に軽くパウダーをはたく。
    凹凸や小鼻などは気にせず、一気に大まかにパウダーをつけます(雑でok)。
    パフはうちわを仰ぐようにパタパタと肌に当てます。公式だとファンデーション を塗って、そのままパフを滑らせてたけど、わたしは直に滑らせるのがまだ苦手なのでそうしてます。
  3. またパウダーを足し、パフの端をつまんでクルクルと円を描くようにパフを動かしながらなじませる。
    おでこなどよれそうな場所は大きい円を描くように。
    ツヤを強めたい頬などは小さい円でいっぱいクルクルしている。
  4. 小鼻や目の下は、パフを半分に折ってつける。クルクルせずに、軽くパウダーを抑えるように。
    鼻先は小さくクルクルするとツヤっとして可愛い。

この使い方に変えてからというもの、もうコスデコ大好きマンです。

瑞々しいツヤ、光沢のあるツヤなど、ツヤも色々ですが。
丁寧に磨き上げたコスデコパウダーのツヤは、お肌が綺麗に見えるためのツヤ。

ハイライトのようにがっつり光るわけではない。
ちょっと画像では見にくいけど。左がパウダー使用前、右が使用後です。青枠の部分にほんのりツヤが生まれています!!

パウダーの使用後

さらにクローズアップ・・↓

コスメデコルテ パウダーの名前ツヤ

内側から、ほんのり生気があふれたような自然さがいいですねえ。
わずかにパウダリーな質感もあって、ふわんとした温かみがあるお肌になれます。

まとめ

本記事の要点をまとめます。

  • コスメデコルテのフェイスパウダー 00はラメパールなしでツヤが出る
  • 普通のポンポン付けだと、悪くはないがツヤ控えめ
  • お肌をくるくる滑らせて、磨き上げることでツヤが出る

私が言うまでもなくですが、大人気なオススメパウダーです!
でも使い方によって仕上がりが変わるため、なりたい肌感に合わせて試してみてくださいね〜

NARSのパウダーとの比較はこちら↓

カバー力重視のプチプラパウダーのレビューもおすすめです。

まるおみでした。

コメント