チャコットのフィニッシングパウダーで明るすぎるファンデを救済した

パウダー
スポンサーリンク

 

まるおみです。

 

せっかく購入したファンデーションが

明るすぎた・・
白浮きする・・
あと、ほんの少し暗ければ!

そんなやらかしてしまったそこの・・・私。

 

だってプチプラコスメ(タッチアップ不可)と韓国コスメが好き(通販)なんですもの。必然的にトライアンドエラーしかないんだもの。

でも!

最近出会った、チャコットのフィニッシングパウダー 766(オークル2)が、ファンデーションの色が合わない問題を解決してくれたのでご報告します。

 

スポンサーリンク

ファンデーションが明るすぎる

12月初旬。先月くらいまでは秋なの?冬なの?って感じでしたが、もうどこに出しても恥ずかしくないほどの冬!になりました。

私だけかな~?冬になると、ベースメイクのトーンを下げたくなる=少し暗めのファンデーションにしたくなるんです。

暖かいとくすみやすい肌質なんですよね。春夏は明るめのファンデーションでトーンアップしたくなる。

逆に、寒くなると顔のトーンが一定になる、しかも、夏の間にじわじわ首が焼けて、首との色の差も感じやすくなるのかもしれません。

 

どちらにせよ、この問題けっこー面倒なんですー。

 

だって春夏の間に買ったファンデーション、お気に入りいっぱいよ?冬だって使うつもり満々よ?でも明るい。もし自分が富豪だったら全部1トーン下げて買いなおしたい。でもそんなの無理無理、こんな年末控えた今。もう自分、お年玉あげる側の年齢ですし。

どうしても手持ちのファンデを使いたい、いや使わなければならないのです(決意)。

ファンデーションを暗くする方法

ファンデーションが明るすぎる場合はこうしよう!的な方法を見つけてみましたが・・

  • 顔の明るい部分に使う
  • 他のファンデーションと混ぜる
  • 身内に進呈

正直どれも微妙。

うっかり明るすぎるファンデーションを買っちゃった!そんな方には工夫して使い切るのもアリですよね。でも、私は持っているファンデーションを全てトーンダウンして使いたい。しかも暗くなりすぎず、ファンデーションの質感や仕上がりは維持したい。

 

そんな無茶苦茶な願いをかなえてくれるもの・・あるわけないよね・・

 

そう思っていたのに・・見つけました!

それが

チャコットのフィニッシングパウダー 766 (オークル2)です。

ファンデーションが明るければ、その上からかぶせるもので色調整を図る、というシンプルな図式に今更気がついた。

このパウダーのおかげで、手落ちのファンデーションがことごとく理想のトーンに落ち着いてくれました!

スポンサーリンク

チャコット フィニッシングパウダーについて

実はチャコットを使ったことがなかった。だって私、舞台女優じゃないもの。

そう、元々バレエやダンサーさんに向けたもの。舞台でも美しく、崩れにくいメイクを実現するブランドなんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chacott -チャコット- OFFICIAL(@chacott_jp)がシェアした投稿

プラザやロフトでも普通に売っている。

日常メイクにも使えるとはいいつつ、
舞台用ってだけでガチな印象があるし~、
厚塗りになるんじゃないの~、
バキバキに乾燥するんじゃないの~、
なんてひるんでいたのです。ドキドキしながら初トライ!

 

日常使いに嬉しい、大容量のルースパウダー。


実はこれ、某口コミサイトでランキング常連のロングセラー商品です。

ファンデーションの色調整にフィニッシングパウダーが適してた理由

チャコット フィニッシュパウダーが、ファンデの色調整に適していた理由。それはフェイスパウダーなのに色展開が豊富であること。

現在5種類もある。

  • 763(クリア)
  • 764(オークル01)
  • 766(オークル02)
  • 761(ナチュラル)
  • 767(オークル03)

この多さ!すごくないですか???

この他にもツヤ感が出るタイプや、保湿に優れたパウダーもあります。

フェイスパウダーの色展開って「ない(1色)」もしくは2色で、「明るめの肌色」と「健康的な肌色」というラインナップが多い。私は普段「明るめの肌色」を使うことが多く、「健康的な肌色」をだとちょっと暗いんですね。

そんな自分に、フィニッシングパウダー 766(オークル2)がすごく良かった!!

 

これオークル2ですよ2。普段なら絶対選ばない未知ゾーン。

絶妙にやんわりとトーンダウンしてくれます。暗くなるというより、オークルの黄色味でピンクっぽさを消してくれる感じ。トーンアップ要素があるコスメって、独特のピンクっぽさがありません?それが緩和される感じです。

766の色味

クリアパウダー(イニスフリー)と並べてみました。

無色のパウダーと比べると、766はしっかり色がついていますよね。

 

肌になじませてみると・・(わかりやすいように多めにはたいてます)

意外とチャコットも暗くないです。でも肌馴染み抜群~

注目すべきは、クリア(色つかない)とされているパウダーでも、それなりにトーンアップされてしまうこと。こちらとしては、明るめのファンデーションに、わずかな白さですら与えてなるものか!と。

それに比べて、766(オークル2)は白浮きしていません。写真では多めにはたいているため、若干肌より明るめですが実際はもっと馴染みます。

 

つける量によって、トーンダウンの加減も自由自在に調整することができるので、便利極まりない・・!

安定した使い心地

粉質はサラサラで、同じ価格帯のプチプラパウダーに比べると、細かい粒子のパウダーに思えます。

舞台用だし・・と心配していた厚塗り感や乾燥は拍子抜けするくらいなかった。良くも悪くもクセのない、扱いやすいパウダーでした。逆にコンセプトに期待して、崩れないだろうと購入すると「あれ?普通?」と感じてしまうかも。扱いやすいかわりに、感動するほどの崩れにくさではないです。

セザンヌのUVクリアフェイスパウダーと同じくらいの崩れにくさで、チャコットの方が乾燥しずらいと感じました。

パフは別売りなのでご注意ください。

 

ちなみにこのパフ、上質なビロードのように滑らかでもっふもふです。ブラシでつけるからいらないかな、と思ったけど買って良かった。

まとめ

チャコット フィニッシングパウダーは「粉」として見た場合、すっごく美肌効果があるとか特別な効果はないかもしれない。

ですが、

  • 崩れにくい割には乾燥もせず
  • 大容量でコスパもよく(30gで1200円)
  • 色展開が豊富

と、1つ持っておくとまず損はしない系コスメと言えましょう~。

もし同じように、ファンデーションの色調節をしたい方は、試してみるとよいかも〜。おススメです!

 

ここで読んでいただきありがとうございます。
まるおみでした。

新着記事はこちら

オンリーミネラルのミネラルカラーセラムで荒れた唇が救われた
リップフォンデュの人気色、イルミナゴールドをレビューする!
BBIA(ピアー)のスパ光ロングウェアクッションが想像のはるか上をいった
チャコットのフィニッシングパウダーで明るすぎるファンデを救済した
eparkリラクでこれだけお得に!使ったクーポンと金額を公開します
profile
この記事を書いた人
まるおみ

ゲームと漫画とコスメが好きな30代(女)。
丸くて薄い塩大福顔、一重と二重を両用している。色白のイエベ。

このプロフィール画像、似てると評判です。

まるおみをフォローする
パウダー
スポンサーリンク
アイテム別に見たい方はこちら
\ この記事をシェアする /
まるおみをフォローする
まるおみコスメ事情

コメント