【プチプラのみ】グリーンのコントロールカラーを比べてみた

グリーンコントロールカラー化粧下地
スポンサーリンク

まるおみです。

 

本日は手持ちのグリーンコントロールカラーを比較してみます。ALLプチプラ。
コントロールカラーは使う量も頻度も少ないので、プチプラしか勝たん!

スポンサーリンク

グリーンのコントロールカラーの必要性について

自分の顔には赤みがある、とはっきり気がついたのは去年でした。三十余年見ている顔なのにね。

私の顔ってノイズ(雑音)が多いよなーって思ってはいたんです。なんかごちゃごちゃしてる。
毛穴やそばかすを丁寧に隠しても、雑誌のモデルさんみたく、まっさらなゲレンデのようにならんのです。

去年、何の気無しにグリーンのコントロールカラーを使ってみたらびっくり!顔が露骨に片付いたのです。

私の赤みレベルはそうでもないので、今まで血色の範囲だと思った。他のものを隠すことに心血注いでました。

そんなかすかな赤みを、グリーンのコントロールカラーで根絶やししてみた〜〜結果、

肌の垢抜け感がぜんぜん違う!
チークもそのまま発色する!

色々考察して、私の顔面におけるカバー優先度は

1.毛穴
2.赤み
3.くま
4.ソバカスやシミ

に決定。

上位なものほど、カバーすることでビジュアル貢献度が高いものです。赤みの順位、こんなに高かったんかい!!

赤みが消えるだけでこんなに良いことあった。

  • 全体がフラットに
  • 透明感でる
  • 色が均一になることで、細かいノイズ(小シミ、そばかす)が気にならない

細かいものを消すより、全体の色むらを整えるほうが大事なんだなと実感です。

長文になりましたが、要は赤みが気になる人はもちろん、気にならない人も一度徹底的にカバーしてみると、良いことあるかもよ!ってことです。

では比較へgo

メディア メイクアップベースS グリーン

メディア メイクアップベースSは化粧下地兼、コントロールカラーです。容量も大きめなので全顔使いに向いてますね!

テクスチャーと、塗り広げた感触↓

メディアのグリーン

良くも悪くもグリーンの主張は控えめ、ですがちふれのようにホワイトっぽくもない。肌に馴染みやすい。3つの中では1番、無難に使い安い。化粧下地として全顔に塗っても違和感がない。
とはいえ一度すごい量をのせてしまった時は・・ヒト科ではない肌色になったヨ。いくら馴染むといえど緑は緑です。

真っ赤なニキビや小鼻の際には無力。頬の濃い赤みにも若干物足りないです。顔全体のうっすらした赤みが気になる時に向いている。

数値化するとこんな感じ↓

保湿→4
赤み補正→3
トーンアップ→3

色補正は弱めだけど、化粧下地としては保湿もそこそこ。ファンデもフィットするし、お値段を考えると優秀です。色違いのオレンジも、評判が良いので買ってみたい。

 

ちふれ メーキャップベースクリーム グリーン

ちふれ メーキャップベースクリームはメディア同様、化粧下地兼コントロールカラーです。

色みはメディアよりさらにグリーンが薄く、ホワイトっぽさが強い。緑色としての補正力は弱いので、あまりコントロールカラーっぽくない(笑)

ちふれメークアップクリーム

その代わり、白さはあるのでがっつりトーンアップ。赤みもこの白さよって、ある程度飛ぶ(力技)。
量を間違えると白浮きするので注意です。

もう一つ特筆すべきが、保湿力の鬼のように高いこと!テクスチャーも濃厚で、もったり。

保湿→5
赤み補正→2
トーンアップ→5

以前、レビューで書いたように外出しない日に家で使うと調子がいいです。

【外出しない日】に最適な【日焼け止め】見つかりました
ちふれのメーキャップベースクリームUV グリーンのレビュー。外出しない日の日焼け止めで活躍中!

 

キス コントロールカラーベース グリーン

今までの2つとは違い、気になる部分に使うコントロールカラーです。

さすがに色での補正力は1番高いです。頬の赤みが濃い部分に、チョンチョンと乗せてなじませるとピタッと密着〜。

キスのグリーン

広い範囲に塗りすぎると少し乾燥するかも。個人的に、緑色の力で赤みを補正するなら、キスが1番好きですね。
ちなみに本記事で紹介した3つのうち、これだけがチップで塗布するものです。狭い範囲には塗りやすい。

保湿→3
赤み補正→5
トーンアップ→4

これで頬の赤みをカバーしておくと、ファンデーションが極薄ですみます。薄メイクなのに、すごく垢抜けて見える!

なお赤みといっても「炎症真っ只中」みたいなニキビや、小鼻の際の赤みなどはには物足りない。カバー力高めなコンシーラーを、使う方が断然手っ取り早いし。

 

グリーン コントロールカラー比較のまとめ

取り上げた3本のコントロールカラー、似たような商品だけど、それぞれ特徴がありました。どんな方に向いてるのか整理します。

メディア メイクアップベースが向いているのは??

  • 化粧下地もコントロールカラーも同じコスメで済ませたい
  • 顔全体の薄い赤みを補正したい

ちふれ メーキャップベースクリームが向いているのは?

  • 化粧下地もコントロールカラーも同じコスメで済ませたい
  • しっかりトーンアップしたい
  • 乾燥が気になる

キス コントロールカラーベースが向いているのは?

  • 赤みをしっかりカバーしたい

3本の比較がこちら。

プチプラのグリーン コントロールカラー

ちふれはまあ白いとして、kissは実物の方がもう少しちゃんと緑です。

そういえば、以前スキンアクアのトーンアップエッセンス グリーンも使ったのでした。

どっちがいい??スキンアクアのラベンダーとグリーンを比較してみたよ
大人気のスキンアクア トーンアップUVに期間限定「ミントグリーン」が登場しています。ラベンダーとどちらが色白になるの?グリーンのメリットは?比較しつつまとめてみました。

スキンアクアはメディアとちふれの間みたいな仕上がりでした。

メディアより、さらに緑っぽさは薄く、
ちふれより、トーンアップは穏やか。参考になれば幸いです!

化粧下地
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
profile
この記事を書いた人
まるおみ

コスメ大好き30代。
丸くて薄い塩大福フェイス。
白めイエベ秋。

プチプラコスメの所有数が無駄に多い。
素肌感【ファンデーション】と【リップ】に弱い。

このプロフ画、我ながら似てます!!

まるおみコスメ事情

コメント