30代の私がプチプラコスメを使う理由

30代 プチプラコスメ雑記
スポンサーリンク

 

まるおみです。

 

本日はコスメレビュー ではありません。

最近、「女性はアラサー以降になったら上質なコスメを使うべき」という意見を見まして。30代にして、常日頃からプチプラコスメを見てはしゃいでいる自分なりに考えてみました。

 

よろしければ お付き合いくださいませ〜〜

スポンサーリンク

何を使いたいかは自由

まず、あえて平凡な結論を言うならば「個人の自由じゃないか」に尽きる。

化粧品、コスメを異常に神格化してるのって精々、一部の美容好きの女性だけですからね。私を含めて。

女性がそろいもそろってコスメが好きかというと、そうでもない。人生の、何に、消費のベクトルを合わせてるかなんて、それぞれ違う。

 

自己投資している女性
子供や家族など自分以外にお金をかけたい女性
旅行命!の女性

セレブをのぞき、お金は限りあるものなので。

どう有効活用するのが十人十色であって、それでこそ楽しい、みんな違ってみんな何とやら。世界に一つだけの何とやら。です。

エステや化粧品にお金を惜しまない、それが収入に見合わず、食費を削らなきゃいけなくなってようが、本人が良ければノープロブレム!

 

逆に、

一気にクールダウンした考え方もできます。コスメは女性を美しくする魔法アイテム、なんかじゃないですから。
メイクなぞ言ってしまえば身嗜み。社会人マナーの範囲で出来てればOKとするなら、男性の髭剃りグッズと同じであり、単なる生活消耗品であるともいえます。

 

何が言いたいかというと、コスメにどんな価値を見出すかは人それぞれですよね。って。

  • 外見の美しさを底上げするものであり
  • コンプレックスを隠すものであり
  • 気分を挙げるものであり
  • ただの身嗜みグッズでもある

というわけで「大人の女性は高いコスメを使うべき」と指摘をされても、上に挙げたどの「価値」に対してのピックアップなのって感じでして。

何だか知らない人の人生観という名の土俵に勝手に連れ込まれ、勝手にはっけよーいされて、「え、何?ここどこ?」とか思ってる間に負け。ポカン顔してるような気持ちです。

 

と、ここまでは大前提の話をしました。「何をどう消費するかなんて人それぞれ」なんて面白くもなんともない、当たり前のこと。

30代の私が、プチプラコスメを愛する理由もちょこっと書かせてください。

30代でもプチプラコスメを使いたい理由

プチプラでも十分に満足できるものがたくさんあるから、というのが理由の一つ。

もう一つの大きな理由がある!

私、低コストなのに美しい人に謎の憧れがあるんです。

どういうことか。

1人の美しい女性がいたとします。
エステにもコスメにも惜しみない投資。オーガニックな食生活、ヨガ、パーソナルトレーナー。お金と努力の結晶でできた美は、尊いものです。

この女性を見た私の感想は、純粋に”綺麗だなあ”とも思うでしょうし、いいもの見せてもらってあざす!な感情もおこる。

と同時に、やはりこれだけ綺麗でいるにはそれだけのコスト(お金も時間も)がいるんだなとも思ってしまうんです。ひねくれてる!hoo!
コストに見合った結果が出ている、ある意味安心感がある存在なんです。

正直言って羨ましいのは財力の方で、その人自身の「美」に対しては割と冷静に見てしまうかも。

 

 

もう1人、これは実際の友人。
アラフォーなのに、溢れ出る透明感でどこからどう見ても20代。綺麗だなあと思ってました。

ある時、ドラッグストアに言ったんですよ。

通りかかったコスメ売り場で彼女が言ったこと。
「私、チークって買ったことがないの。まるおみちゃんは使ってるの??」

ほぉほぉ、なるほど、チークがねぇ・・・って。

え・・・・??

 

今なんと??

チークを使ったことがない。ちなみに彼女はハイライトを知りませんでした。むしろハイライトという概念がなかった。スキンケアもドラッグストアか無印。アイシャドウとファンデーションはちふれ。だそう。

はぁ???(イントネーション右肩上がり)
ってなったよ。温厚で知られるこの私が。

 

これは・・・コストと結果(美)が全く見合ってない(良い意味で)、安心感が皆無な女性じゃありませんか!!「私はこれだけ努力してるのにこの差は・・・??」と地味にメンタルを攻撃してくるタイプです。

コスメ好きとして日々コスメに勤しんでいると、このような手合いがいっちばん怖い!ひゃー!

 

もう、吐血しそう。

圧倒的な素のスペック差を見せつけられて吐血しそう。ぐっ・・ハイライトってなぁに?だと??許さんぞ。

 

彼女は美人ではあるけれど、芸能人のように飛び抜けた美貌ではない。
透明感ある肌は丁寧な食生活のたまもの、皆に愛されるのは綺麗な佇まいが多いに関係している。

そう、「元がいいからじゃん」という生まれ持った優位性、だけでは割り切れないのがこれまた悔しくてしょうがないポイントです。

生まれ持った素材と健やかな生き方が噛み合って、コスメの力なんか借りなくっても輝いていられるのです。弟子にしていただきたい!

 

この時確信したのは、

上質なデパコスを使い倒して美を得ている人よりも、
さしてコストがかかっていない(ように見える)、プチプラコスメだけど何故か綺麗。そんな人の方に圧倒的敗北感を感じるし、うらやましい。あくまでも私はですけどね。

 

私だってそっち側になりたいんだよーーっ!!

「どんなコスメ使ってるの??」って聞かれたら。

「安いものしか使ってなくて〜、ブランドとかもよくわからないんだよね〜〜。スキンケアも全然してないよ〜」
って言いたいし!!!

そしたら、
「え?!てっきり高いものを使ってるのかと思った!プチプラなのにそんなに若々しいなんてずるい!」

 

なんて言われたい!言われたいんだぁぁぁあ!!!(1から10まで妄想)

ですからね、30代の私、プチプラコスメが好きなのは、低コストなのに美しい存在になりてえよ。という願望が多いに影響しているの。

 

低コストなコスメなのに綺麗、はたまた若者向けなコスメなのに使いこなせる。

ちゃんと素材(肌、スタイル)も綺麗で、内面も釣り合う大人女子だからこそできるこれ。憧れる~~

 

人間て欲深い(まとめたつもり)。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。
まるおみでした。

profile
この記事を書いた人
まるおみ

ゲームと漫画とコスメが好きな30代(女)。
丸くて薄い塩大福顔、一重と二重を両用している。色白のイエベ。

このプロフィール画像、似てると評判です。

まるおみをフォローする
雑記
スポンサーリンク
アイテム別に見たい方はこちら
\ この記事をシェアする /
まるおみをフォローする
まるおみコスメ事情

コメント