痛い大人を回避したい!30代のメイクはここを変えた

雑記
スポンサーリンク

こんにちは、まるおみです。

今日は自分語り!暇つぶしにどうぞ~~

30代の皆さん、メイク事情はいかがですか?

雑誌やインターネットでは、「30代のメイクはこうあるべき」という色々な定義がありますよね。どれも言ってることが微妙に違う気もするし、似ているといえば似ている。

今現在30代の身ですが、「こうするべき」というものはわかりません。だって大大大前提として、メイクは自由だしね~。薄かろうが濃かろうが似合えばいいし、本人が満足しりゃいいじゃあないか。

 

よって、本記事は「30代のメイクはこうしなきゃ!」ではなく「私はここを変えました」ってゆー報告のつもりです。

スポンサーリンク

自分の話

30歳を迎えたばかりの頃、正直言うと高を括っていました。大人メイクなんてまだまだ必要なっしんぐとだと思っていた私。

服装もカジュアルだし、どちらかというと「幼く見える」ことがコンプレックスでもあったからです。だから「今までと同じで平気でしょ」という甘えは、ありました。

むしろ大人っぽいメイクが似合わなそうだし。しかし変化は突然訪れるものです。

昨日までのメイクに、ある日急に違和感を感じるんです。

「んん??なんだか綺麗じゃない、上手く言葉にできないけどダサい。」となるわけです。では自分自身が30代で直面したメイクの変化について書いてみたいと思います。

あくまでも私の場合なので、こういう人もいるんだな~くらいの気持ちで読んでいただけたら嬉しい。

変化1. ベースメイクはアップデート

まずは1つ目の変わったこと。それはベースメイクです。

肌に関しては、10代や20代の頃もそんなに綺麗な方ではなかった。毛穴は目立ちやすいし肌のきめも粗い方だと思う。そんな元々綺麗ではない私の肌も30代を迎えてから、さらに毛穴が目立つように。

毛穴は以外にも、肌全体がデコボコしてきたような感じです。いかにもみかんの表面。

「ターンオーバーが遅くて角質がたまっている」、「たるみ毛穴」、「乾燥毛穴」などコスメカウンターで言われるような言葉が頭によぎります。でも本当の原因はよくわかりません。

このみかん状態でメイクをすると、肌の凹凸を綺麗にカバーするのはなかなか難しい。ファンデーション塗った状態でデコボコしてると、本当に老けて見えるんです。

色々な下地やファンデーションを試した。でも何より大切だったのがベースメイクを丁寧にやること。

もうこれが一番、簡単でお金もかからない。そして効果的でしたね。

化粧下地のポイント

・毛穴の気になるところはこれでもかってくらい丁寧に塗りこむ
・細かい部分(眉間や口角、頬の外側など)にもしっかり塗る

ファンデーションのポイント

・ファンデーションの量は最小限
・特に目の下や鼻下はスポンジでしっかり叩いて薄付きにする

お肌の劣化が目に見えた時は、急に焦ります。新しいコスメを血眼で探しちゃうかもしれません。でも、まずは塗り方を考え直してみるのもおススメです。

変化2. 眉(アイブロウ)の見直しにせまられた

2つ目の変わったこと。それは眉(アイブロウ)メイクです。

もうね、とにかく顔がぼんやりし始める(笑)ここが垂れてるとか、どこが悪いとかはっきりはわからない。でも鮮明さがなくなってきます。最初からぼんやり顔なんだからもうやめてーー(悲)

そこで目を付けたのが眉(アイブロウ)。

分かりし頃、それっぽく見えればいいや~と思って眉を書いていました。でも、眉は
顔の印象が激変します。眉を整えるとキリっとして強そうな雰囲気になりそうですよね。でも丸みのあるアーチで優しさや穏やさも出せますよ。

例えば私は常日頃から世界平和を願っていますので(誰)、穏やかで親しみやすい人に見られたいです。だから太めに、わずかなアーチを意識して書く。

たまにお仕事モードのシャキッとしたい場面もあります。眉頭を少し濃く書いたり、アーチを鋭くしてみたり。上手く表現できてるかどうかは別として、こうなりたい!というイメージを持ちながら描くだけでも違うと思います。

最近はやりの眉サロンで整えてもらうのもアリですね。

でも自分のなりたい眉のイメージはもっていくのがおススメ。眉のプロといっても初対面ですから。「普通の整った眉」にはしてもらえるかもしれないけど、「こうなりたい」願望はうまく伝えないとイメージと違った眉にされてしまいます。

 

まだまだ私自身、眉は模索中です!!

変化3.リップとチークの色選びが変わった

3つ目の変わったこと。それはリップとチークの色選びです。

20代は流行色、色自体が可愛い色が選び基準。でも、30代は自分の肌色を明るくみせてほしい。それが最重要課題に急上昇しました。

流行りのパーソナルカラーも、参考にすると選びやすくなります。ただあまり細かくこだわってしまうと、メイクする楽しみが減っちゃうそう。私はイエベかブルべぐらいしか考えないようにしてます。
季節は脳の片隅に置いておくくらい。

変化4. キラキラとの付き合いに注意する

4つ目の変わったこと。それはラメの使い方。みんな大好きキラキラアイシャドウ。私だって一生ラメラメしてたかったよ。

最初に「おや?」と思ったのは涙袋に入れたラメ。夕方に鏡を見たら、目の下のラメがちりめん皺を照らしてくれていたんです。

The 有難迷惑

「うん、これは・・ないわ」自分でも怖いくらい冷静に、目の下キラキラへお別れを告げた瞬間である。

 

今の涙袋の作り方はこちら

自然さを追求した涙袋メイク 斬新な手法で紹介させてもらう
涙袋大好き!!な私ですが、30代になってくるとラメで光らせる涙袋に違和感が出てきました。ラメが目立たず、自然な立体感を出す涙袋メイクを紹介しています。すべてプチプラコスメ使用。大人な女性や、リアルな涙袋メイクが気になる方はぜひ見てみてください!

 

絶対にラメいれないよ!というわけではなく、チラチラと細かく光るラメならまだOK!客観的に見たら「この人面倒くさー」と思われるかもしれない。これは大丈夫(なはず)、これは封印☆という基準はどんどんどんどん増えているなあ。

アイホールにもあまり大粒のラメは乗せないようになりました。キャンメイクでいうと、パーフェクトスタイリングアイズの中央の色(大粒ラメ)ですね。これだけ永遠に使われない状態です。集めて誰かに譲りたい。(いらん)

 

View this post on Instagram

 

CANMAKE TOKYO(キャンメイク)さん(@canmaketokyo)がシェアした投稿

まとめ

ここまで書いてきて思うところ。それは自分なりの綺麗さを出したい。これに近づきたいから考えてメイクをするようになりました

  • ベースメイクのアップデート
  • 眉メイクの大事さ
  • リップやチークの色選び
  • キラキラ使いどころ

4つとも、隠すとこは隠しつつ自分なりの綺麗さに近づけたること、が最終目標になってるんですね。「自分なり」は欠点も含んでるから。簡単には難しいかもしれない。

でも「色々大変だわー」とか言いながら、楽しんで理想に近づきたいもんです。

 

思いつくままに書いたのであまりうまくまとまらなかったけど、少しでも共感してくれる方いたら嬉しいです。

大人の女性に向けた記事はこちらもあります。

30代女性は必見!韓国コスメを選ぶ際の注意点3つ
日々進化がいちじるしい韓国コスメ。「使ってみたいけど若い女性にしか似合わなそう」そう思っている大人の女性に向けて。筆者が韓国コスメを購入する時に注意しているポイントを紹介します。
404 NOT FOUND | まるおみコスメ事情
30代がプチプラコスメ(韓国コスメ多め)と本気で向き合うブログ

 

まるおみでした。

今季ユニクロユーのTシャツ色が可愛すぎ

profile
この記事を書いた人
まるおみ

ゲームと漫画とコスメが好きな30代(女)。
丸くて薄い塩大福顔、一重と二重を両用している。色白のイエベ。

このプロフィール画像、似てると評判です。

まるおみをフォローする
雑記
スポンサーリンク
アイテム別に見たい方はこちら
\ この記事をシェアする /
まるおみをフォローする
まるおみコスメ事情

コメント